草刈をしてキレイな庭づくり|ガーデニングビューティー術

上手く活用することで管理も出来る

ピックアップ

専門家へ

自分の家や土地に芝を張って綺麗にしたい。そんなときには芝張り専用の業者を利用することでしっかり対応して下さい。業者に任せておけば雑多な土地も綺麗な芝生に生まれ変わることができます。

間伐材の利用

木を切ることは、必ずしも問題ではなく、生態系を守り、木材を確保するために必要なことでもあります。そのために行う作業のことを、一般的に「間伐」という名前で呼んでいます。

庭をキレイにする

剪定の歴史についてご紹介します。

剪定の歴史がはじまったのは、日本の造園と同時にはじまります。その歴史は古く、庭師という職業がまだ確立はしていないかったものの、柴刈などをしていた農夫などに平安時代から貴族がその仕事をさせていました。また特に造園が盛んになった、室町時代では職人が活躍し、松や梅、桜の剪定をはじめ、代用屋敷や京都にある公方の屋敷で活躍しました。 この流れをうけて、現在でも素晴らしい剪定技術をもった植木職人がいるのは京都であるといわれています。代々受け継がれたそ技術や心意気は素晴らしく、一度他人の剪定がされた庭にはなかなか入ってくれないというものがあります。 また江戸時代になるの大名や富豪の屋敷が、江戸市中に多数つくられるようになり、剪定をする職人も非常に多く増えるようになり、仕事として確立するようになりました。

これからの動向についてご紹介します。

現在巷では、ガーデンデザイナーが多くいます。庭のプランを練り、芝張りや草刈をして庭づくりをしていくプロですが、その多くはその後のアフターケアはあまりすることがありません。今後の動向としては、これからも剪定となるとやはり庭師や造園業者が一番いいという結論に至ることでしょう。 また更には今後の動向としては、非常に個性がでる剪定も増えていくことでしょう。一時期、木々に一般家庭でもイルミネーションを取り付け、動物や花の形をつくりだすのが流行しましたが、木自体を動物の形に剪定していくのが今後の動向としてあるでしょう。 また剪定だけを行なっていた専門業者も多かったのですが、最近は芝張りや草刈も行なってくれるところが増えています。その他にも、野菜の育て方を指導してもらうことも出来るので、自分だけで行なうのではなくプロに依頼をして知識や技術を身につけると良いです。

メニュー

オススメリンク

  • HOME
  • 専門家へ
  • 間伐材の利用
  • プロにより庭のお手入れ
Copyright© 2015 草刈をしてキレイな庭づくり|ガーデニングビューティー術 All Rights Reserved.